ドコモ 5Gギガホ データ量無制限

docomo お知らせ

ドコモの5Gギガホ「データ量無制限キャンペーン」解説&契約時の注意

2020年3月18日に発表されたdocomoの5Gサービスでは、しばらく5Gのデータ量無制限キャンペーンを始めると発表。

5G対応スマホとともに5G対応ギガホの料金についても案内がありました。

 

\ショップはこちら/

ドコモ5Gのデータ使用量無制限キャンペーンと条件

ドコモ5Gギガホ データ量無制限キャンペーン

ドコモでは5Gスマホ&5Gサービス開始とともにデータ量無制限キャンペーンが始まります。

ドコモをデータ通信無制限で使うためには、以下の条件をクリアすればOK。

↓こちらの条件が必要↓

  • ドコモの5G対応端末を購入する
  • ドコモのプランを「ギガホ5G」にする
  • シェアパック・2台目プラスは解約が必要
    ※料金プランが5Gに変わるため→詳細こちら

本来5Gギガホは上限が100GBと決められていますが、データ量無制限キャンペーン中は上記条件(5Gスマホ持ってて5Gギガホ変更)すればデータ量無制限が自動適用されるそうです。

5Gギガホ(無制限)を使いたい→5Gスマホに機種変更必須

ドコモの5Gギガホ(無制限)を使うには、まず第一にドコモの5G対応スマホを購入する必要があるのがネック。

え、今手持ちのスマホじゃ5Gギガホは契約できないってこと?
むすこ

つまり、「5G」と名のつくものを使う限り、全部5Gで揃える必要があるし、4Gスマホなら4G契約でしか揃えられないということです。

具体的にはこうなるということ・・・

↓5Gギガホ/スマホを使う場合↓

  • 5Gギガホを使いたい
    →ドコモ5Gスマホの購入必須
  • ドコモの5Gスマホを購入したい
    →プランは5Gギガホ(5Gギガホライト)必須

つまり、5G機種に変更したら強制的に5Gギガホ(または5Gギガホライト)になるし、パケット無制限を使いたければ5Gスマホにするしかないってことですね(笑)

あー、なるほどー。
むすこ

\ショップはこちら/

 

5Gギガホとギガホ(通常)の価格比較

ちなみに5Gギガホは意外とお安く、最安で従来のギガホ+500円で使えるようになります。

月額 通信制限
ギガホ(従来) 3980円※割引適用時
~5980円
月60GBまで
5Gギガホ 4480円※割引適用時
~7650円
月100GBまで
→しばらく無制限!
※キャンペーン実施期間のみ

ドコモは最安4480円で5Gギガホが使えると報道していますが、その内訳イメージはこちらのようです。

ドコモ5Gギガホの料金イメージ(ドコモの報道発表資料より)

実際にはもう少しオプションを付けるかなと思うので、従来のギガホと比較しながら料金プランをシュミレーションします。

実際の通信料金の割引内訳シュミレーション

5Gギガホと従来のギガホについて、一番上の列を通常料金にしながら割引を適用していった金額を()にシュミレーションしていきます。

5Gギガホ ギガホ
※従来
通常料金 7650円 7150円
dカードお支払割 -170円
(7480円)
-170円
(6980円)
2年縛り(定期契約) × -1000円
(5980円)
みんなドコモ割
2回線以上使用の場合
-500円/1回線
(6480円※)
※3回線使用の場合
-500円/1回線
(4480円※)
※3回線使用の場合
ドコモ光セット割 -1000円
(5480円)
-1000円
(3480円)
5Gギガホ割
※最大6ヶ月
-1000円
(4480円)
-1000円
(2480円)
通話プラン +1700円:かけ放題
(6180円)
+700円:5分通話無料
(5180円)
+1700円:かけ放題
(4180円)
+700円:5分通話無料
(3180円)
5Gギガホ音声割
最大12ヶ月700円割引
-700円:かけ放題
(5480円)
-700円:5分通話無料
(4480円)
×
データプラス
※データシェアのプラン
+1000円
※5Gデータプラス
(5480円)
+1000円
※通常のデータプラス
(4180円)
学割
※最大12ヶ月
-1500円
(3980円)
-1500円
(2780円)

通常の通信プランに通話・データシェア・学割等のオプションを付けるとこんな感じ。

おそらくドコモ光や学割が対象じゃないケースも多いと思うので、実際の料金目安は最安で5000円前後というところです。

従来のギガホから+1000円くらい増える感じなのかな
まんまる♂

 

あとは通信料金に加えてドコモスマホ端末の分割支払いが乗ってくるので、スマホ料金は1端末あたり月々1万円くらいのイメージです。

\ショップはこちら/

 

5Gギガホの通信エリアと無制限の対象回線

ドコモの5Gエリアはまだまだ少なく、5Gサービスがリリースされても使える人はほとんどいなそう。

2020年3月18日に行われたドコモの新サービス発表会では日本全体に5Gが浸透するのは2023年頃の見通しと語られています。

 

現時点でのドコモ5G回線エリア

メモ

現時点でのドコモの5Gエリア →こちら

5Gスタート段階では使えるエリアはびっくりするほど狭く(笑)主要な施設や都市部の中の超都市部みたいな部分にしか5Gが飛んでません。

なので、今回5G対応端末を買って5Gギガホを契約しても、使うのはほぼ4G回線なのでそこまで体感に変化は感じなさそうです(笑)

 

5Gギガホプランは4Gエリアも「データ量無制限」に使える

ちなみに、5G対応スマホに機種変更すると必ず「5Gギガホ(または5Gギガホライト)」の契約が必須になります。

ただ、“5G”とついていますが「5G回線+4G回線」が使用できるので、日常生活に困ることはないです。

そしてデータ量無制限キャンペーン中に5Gギガホを契約すれば、5G回線も4G回線も無制限ってことです。

5Gギガホで使える回線 データ量無制限対象
5G回線
4G回線
5Gギガホにされても田舎で損することはないってことか
むすこ

例えば4G回線の段階で毎月60GBギリギリまで使ってる(もしくは超えている)という場合は5Gギガホにしておいたほうが悠々と使えていいってことですね。

データの使用上限無制限のキャンペーンはいつまで実施されるか不明ですが、少なくとも5Gの普及のためのキャンペーンだと思うので年単位でやるような気はします。

 

ドコモの5G対応機種一覧

ドコモの5G対応機種は現在のところ7機種です。(8つ目はwifiです)

ドコモ5G対応機種一覧

※スマホから見る場合は公式のドコモ5G対応機種の紹介ページが見やすいかも。

5G対応機種は基本的に大量のデータ通信を前提にしていますので、ハイエンドモデル(最も高機能なスマホ機種)です。

各機種とも値段はまだ未発表ですが、最短でAQUOS R5GGalaxy S20が3月25日に発売されます。

発売日 対象機種&詳細ページ 予約受付
2020年
3月25日
AQUOS R5G

Galaxy S20 5G

予約可

2020年
4月下旬
Xperia 1II

LG V60 ThinQ5G

予約可
2020年
5月下旬
Galaxy S20+ 5G 予約可
2020年
6月下旬
Galaxy S20 5G Olympic Game Edition

arrows 5G

予約可

発売日が確定していない機種も多いのですが、なぜか予約はできるのでタイミングが合えば検討してみるといいかも。

\ショップはこちら/

※必読 最近の機種変更は「ネット注文→自宅」が可能※人混み不要です

最近、スマホの機種変更程度ならネット注文して自宅で完結できるって知ってますか?

CMなどやっているので、あっと思ったかもしれないですが・・・

まだやったことなければ、絶対オンラインショップ使ったほうがいいです(笑)

\各社ショップはこちら/

スマホのオンラインショップでは、機種変更できるだけではなく新規契約・契約プランの変更・学割の適用などもだいたいのことは全てネットで完結できます!

例えば激混みで有名なドコモショップに事前予約して並ぶなんて面倒なことは一切不要。

例えばドコモオンラインショップで注文したスマホは自宅に届けてもらえるので、究極一切家から出ずに家で自分のタイミングで機種変更完了できるわけ。

超便利です。

もちろん、スマホに関わるいろんな手続きをしたい場合は、対面ショップ店頭で手続きするほうが楽なことも多々あります(笑)

ただ、単に「機種変更したいだけ」なら、今の御時世、わざわざ人混みに出向いて長時間待つのはあまり得策ではないのかなと。

・・・というのも

オンラインショップ3つのメリット

  • 人混みの中、ショップで長時間待つ必要がない
  • 機種によってオンライショップのほうが安くなることがある
  • 希望すれば店頭受取・スタッフの有料対面サポートも受けられる

スマホのオンラインショップを使うと無駄に人に合わずに済むし、店頭でスマホを買うよりお金や時間的を節約でき、非常に美味しい。

あまりで歩きたくないときや平日忙しくて時間がない、けど機種変したいという人にはありがたいわね
よめさま

しかも何かあっても、有料にはなるけど対面サポートも可能なので、初めてでも安心して使ってみることができます。

\各社ショップはこちら/

 

ちなみに機種によってですが、店頭で購入するほうが高くなることがあります

例えばiPhone 11proなんかは・・・

スマホを店頭で買うと料金が違う

店舗やキャンペーンのタイミング、購入する機種によって変わりますが、オンライショップと対面の店舗で1~2万の金額差が出ることがあります。

 

スマホの頭金

なぜ対面のショップで買ったほうが高くなりやすいかというと、購入するときに頭金を取られるケースが多いから。

この頭金がオンライショップでは基本「0円」なので、その分安く購入できるケースが多いんですね。

今現在、docomo・au・softbankいずれのオンラインショップも「頭金」はありません。

対面のショップ店頭ではスマホ機種代・月額利用料以外に、頭金」+「事務手数料の2つが加算されて請求されますから、高額のスマホ機種などは結構大きな金額差になることもあります。

 

・・・つまり!

 

※au・softbankも基本一緒ですが、事務手数料はかかります。(頭金のみ無料)
※docomo・softbankは店頭受取・自宅受取の両方選択できますが、auは自宅受け取りのみになります。

単純に新しい機種を購入して、今のスマホからデータを移行させるだけなら、最近はネットで事足りる世の中になっているということ(笑)

 

あ、でもデメリットもあるんでしょ?
よめさま

もちろん、オンラインショップにはデメリットもあります。

オンラインショップで購入すると、ショップ店員さんが操作する手続きを自分でやることになりますし、人気の機種は在庫切れになりやすいです。

ここに注意

  • 手続きを丸投げできない(難しい相談は苦手)
  • 終売に近い機種の在庫はすぐなくなる
  • 3回線以上の契約、法人契約はオンラインではできない

加えてオンラインショップは機種変更したいスマホのデモ機を借りたりすることはできないので、電気屋やスマホショップで事前にスマホを見てみたほうがよいとは思います。

 

契約変更の手続きとかスマホ回線の開通とかの手続きが不安だけど、そのへんはどうなの?
よめさま

スマホの契約に関する操作マニュアルも、完備されています。

しかも長くて読みづらいマニュアルじゃなく、選んでいくだけでやることがわかるマニュアルになっています。

 

ドコモオンラインマニュアル

店頭受取やスタッフサポートは受けられますのでわからないところはチャットサポートで人間のスタッフさんに相談できますので、一度やってみれば想像しているよりカンタンだったと思うはずです。

チャットサポートは無料です
まんまる♂

 

でもさ、自宅で機種変しようと思って結局よくわからなくなったらどうなるの?

機種変手続きできなくて、スマホが無駄になったりしない?

よめさま

この件、気になったのでドコモに直接聞いてみたんだけど、最悪店頭に持っていけば設定してくれるみたいです。

オンラインショップには初めての人でも操作できるようにマニュアルが完備されていますが、万が一よくわからなくなってしまった場合はショップ店頭に持ち込んで設定をしてもらえます。

もちろん、完全無料ではないのですが、初期設定サポート料(ドコモは3000円+税)がかかるだけです。(頭金は追加されません)

 

そこまでサポートしてもらえるなら、一回試す価値はあるかも。
よめさま

お金も時間も節約できますし、無駄な移動もしなくて済むので、絶対対面でやってほしいという人以外はオンラインショップの方が得することが多いハズ。

\各社ショップはこちら/

季節によりますが、オンライショップ限定の割引なんかもやっているので、ぜひネット購入を活用して、浮いたお金はスマホケースやほしかったものに回してみてくださいね!

-docomo, お知らせ
-

Copyright© うぇぶぐらし , 2020 All Rights Reserved.