軽自動車の廃車に必要な書類

軽自動車の廃車には、様々な書類が必要です。

また、【廃車の方法】によって、手続きに必要な書類が違います
廃車の方法について、もっと詳しく見る

廃車の手続き

(クリックすると詳細説明に移動できます)

必要な書類
自分で永久抹消登録する
  • 自動車検査証(車検証)
  • ナンバープレート前後2枚
  • 移動報告番号と解体通知日の書かれた書類
  • 自動車リサイクル券
  • マイナンバー(社会保障・税番号)の個人番号カード又は通知カードのコピー
  • 手数料納付書
  • 自動車重量税還付申請書
  • 自動車重量税を還付してもらう口座の通帳
  • 所有者の認印
抹消手続きを代行する
  • 自動車リサイクル券
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 自動車重量税還付申請書
  • 自動車重量税を還付してもらう口座の情報
  • 所有者の認印
自動車検査証返納届(一時使用中止)
  • 自動車検査証(車検証)
  • ナンバープレート前後2枚
  • 自動車検査証返納証明書交付申請書
  • 自動車検査証返納届出書
  • 手数料納付書
  • 所有者の認印
解体届出
  • 一時抹消登録の時に受け取った「自動車検査証返納証明書」
  • 移動報告番号と解体通知日の書かれた書類
  • 自動車リサイクル券
  • 解体申請書(手数料無料)
  • 自動車重量税還付申請書
  • 自動車重量税を還付してもらう口座の通帳

自分で永久抹消登録をする場合に必要な書類

事前に準備する書類

自動車検査証(車検証)

車内に保管してあります。
紛失している場合には事前に再発行が必要です。
また、車検証に記載されている住所と現住所や所有者名が異なる場合は、車検証の記載内容から現在ませの変更内容が確認できる書類(住民票・住民票の除票・戸籍謄(抄)本・商業登記簿謄(抄)本など)1通が必要です。

ナンバープレート前後2枚

前後2枚のナンバープレートが必要です。
紛失している場合には理由書が必要です。

移動報告番号と解体通知日の書かれた書類

車の解体が完了した際に解体業者から報告されます。
書類でなくても、番号と日付が記載されていれば問題ありません。

自動車リサイクル券

紛失している場合は再発行、または自動車リサイクルシステムのホームページで、「自動車リサイクル料金の預託状況」の確認が必要。

マイナンバー(社会保障・税番号)の個人番号カード又は通知カードのコピー

自動車重量税還付申請書

車検残存期間が1ヵ月以上ある場合は、車検残存期間に対応する自動車重量税額が還付(返金)されます。

自動車重量税を還付してもらう口座の通帳

所有者の認印

軽自動車検査協会で購入が必要な書類

手数料納付書

解体届出書

軽自動車検査協会の事務所・支所・分室の窓口等で入手することができます。
解体届出書(軽第4号様式の3)(※このファイルは見本です。印刷して使用することはできません。 )

軽自動車税申告書

抹消手続きを代行する場合に必要な書類

事前に準備する書類

自動車リサイクル券

紛失している場合は再発行、または自動車リサイクルシステムのホームページで、「自動車リサイクル料金の預託状況」の確認が必要。

委任状

各種申請手続きを第三者に依頼するときに必要です。
記載内容は(1)受任者(任せる相手)(2)委任内容(永久抹消登録申請 / 永久抹消登録申請+自動車重量税還付申請 / 解体届出 / 解体届出+自動車重量税還付申請)(3)自動車登録番号(4)車台番号(5)委任者です。

譲渡証明書

自動車を譲渡するときに必要です。

自動車重量税を還付してもらう口座の情報

所有者の認印

軽自動車検査協会で購入が必要な書類

自動車重量税還付申請書

車検が1ヶ月以上残っている場合には、自動車重量税の還付が受けられます。
参考サイト使用済自動車に係る自動車重量税の廃車還付制度について

自動車検査証返納届(一時使用中止)に必要な書類

事前に準備する書類

軽自動車検査協会が用意している、返納届出に必要な書類をチェックするためのシートを参考にしましょう。
メモ用紙《返納届出用(一時使用中止)》

自動車検査証(車検証)

車内に保管してあります。
紛失している場合には事前に再発行が必要です。
また、車検証に記載されている住所と現住所や所有者名が異なる場合は、車検証の記載内容から現在ませの変更内容が確認できる書類(住民票・住民票の除票・戸籍謄(抄)本・商業登記簿謄(抄)本など)1通が必要です。

ナンバープレート前後2枚

前後2枚のナンバープレートが必要です。
紛失している場合には理由書が必要です。

所有者の認印

廃車にしたい車の所有者(車検証に記載されている人)の認印が必要です。
普通自動車の廃車には実印が必要ですが、軽自動車は認印でOKです。

軽自動車検査協会で購入が必要な書類

自動車検査証返納証明書交付申請書

自動車検査証返納届出書

手続きが完了すると、自動車検査証返納証明書が発行されます。
その車には二度と乗らない(解体届出)、また走れるようにしたい(再登録)という手続きに必要です。
大切に保管しておきましょう。

手数料納付書

解体届出に必要な書類

事前に準備する書類

自動車検査証返納証明書

自動車検査証返納届の手続きが完了した際に発行される証明書です。

移動報告番号と解体通知日の書かれた書類

車の解体が完了したら、解体業者から渡される書類です。
書類でなくても、番号と日付が記載されている資料があれば問題ありません。

自動車リサイクル券

紛失している場合は再発行、または自動車リサイクルシステムのホームページで、「自動車リサイクル料金の預託状況」の確認が必要。

自動車重量税還付申請書

車検残存期間が1ヵ月以上ある場合は、車検残存期間に対応する自動車重量税額が還付(返金)されます。

軽自動車検査協会で購入が必要な書類

手数料納付書

解体届出書

軽自動車検査協会の事務所・支所・分室の窓口等で入手することができます。
解体届出書(軽第4号様式の3)(※このファイルは見本です。印刷して使用することはできません。 )

軽自動車税申告書

各書類の書き方

軽自動車 廃車 書類

廃車に必要な書類の書き方は、軽自動車検査協会のホームページを参考にしましょう。

軽自動車の廃車手続きに印鑑証明は必要ありません

軽自動車 廃車 書類

軽自動車の場合は、印鑑証明も実印も不要です。ただし、認印は必要です。
※普通自動車の廃車手続きには「印鑑証明」と「実印」が必要です

また、廃車の買取りを業者に依頼する場合は、業者によって本人確認の際に印鑑証明書を求められることがあります。

この記事に対する感想を教えてください
  • この記事を書いた人

K-廃車ナビ

K-廃車ナビでは、軽自動車を廃車する手順や廃車費用、手続き料金、高価買取してもらう方法まで、軽自動車を廃車するまでの流れを一通り知ることができます。

更新日:

Copyright© K-廃車ナビ , 2018 All Rights Reserved.