軽自動車の廃車時に必要な保険の手続き

軽自動車 廃車 保険

軽自動車の廃車手続きで意外と忘れられがちなのが【自動車保険の手続き】です。

自動車保険を大別すると「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と「任意保険」の2種類あります。

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法に基づき、交通事故による被害者を救済するために義務付けられている強制保険です。

任意保険は、加入する・加入しないは各人それぞれが自由に決めれる保険です。

ただし、加入・未加入が自由とは言え、実際問題「自賠責保険」だけでは被害者への賠償金額が不足する場合が多いため、任意保険にも加入するのが一般的に”あたりまえ”とされています。

また、単純に「軽自動車を廃車にする場合」と「車を買い替える場合」でも、自動車保険の手続きが異なるので注意が必要です。

保険の種類 廃車時に必要な手続き
自賠責保険
  • 直接保険会社に解約申請をする(返金される)
任意保険
  • 公道を走る必要がなければ解約する
  • 忘れっぽい人は『先付解約』しておく
  • 新しい車に乗り換える人は『車両入替申請』または『中断証明申請』する

 

自賠責保険の還付(返金)方法

軽自動車 廃車 保険

軽自動車を廃車すると、自賠責保険の還付を受けることができます。
注意:自賠責保険は軽自動車を廃車しないと理由なく解約できません

責任保険の契約の当事者は、次に掲げる場合に限り、責任保険の契約を解除することができる。(1号から3号は省略)4号 その他国土交通省令で定める場合
参考サイト自動車損害賠償責任保険普通保険約款(国土交通省)

ただし、自賠責保険は自動的に返金されるわけではなく、直接保険会社に申請する必要があります。

自賠責保険の還付(返金)手続きは、下記の2ステップで行うことができます。

STEP1:廃車であることを証明する

自賠責保険の還付手続きには、軽自動車が廃車になったという証明が必要です。

つまり、軽自動車を廃車するのと同時に、自賠責保険の還付手続きを行うことはできません。

買取業者など第三者へ廃車を依頼する際に、自賠責保険の解約返戻金を請求したい旨を伝えると、自動車の廃車が確認できる書類を受け取ることができます

廃車であることを証明する書類

  • 【一時抹消登録の場合】:一時抹消登録証明書
  • 【永久証明登録の場合】:登録事項等証明書

一時抹消登録と永久証明登録の違いについて、もっと詳しく見る

また、自賠責保険の返戻金を得るために必要な手続きや書類については、あなたが加入している保険会社へ問い合わせて聞いておく必要があります。

もし、自賠責保険を保険代理店などで加入していた場合は、代理店へ自賠責保険の解約について問い合わせましょう。

自分で手続きするよりも手間が省けるし、より確実な手続きを行えます。

保険会社から必要書類が送られてきて、手続きが全て完了するまで約2週間程度かかります。
※記入漏れなど手続き上の不備があった場合は、さらに先延ばしになる場合があります。

STEP2:保険会社の窓口で手続きをする

自賠責保険は保険会社との契約になるため、手続きは陸運局ではなく保険会社に直接連絡をとって行います。
※自賠責保険の還付は自動的に返金される・連絡が来ることはありません

保険会社に直接解約依頼を申請しないと、還付(返金)されないので注意しましょう。

また、自賠責保険の解約手続きは郵送で行える場合もあります。

詳しくは、あなたが加入している保険会社に問い合わせてみましょう。

自賠責保険の還付手続きに必要な書類

一般的には以下の書類が必要ですが、加入している保険会社によって、必要書類が異なる場合があります。

必要書類に関しては、必ず加入先の保険会社に問い合わせて下さい。

  • 印鑑(所有者の認印)
  • 一時抹消登録証明書または登録事項等証明書のコピー
  • 自動車検査証返納証明書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証明書)の原本
  • 自動車の廃車が確認できる書類
  • 保険契約者本人であることの確認書類(運転免許証・健康保険証など)
  • 振込先となる銀行口座番号 ※ 解約条件によって保険料が返還されない場合あり

還付金額の算出方法について

自賠責保険の還付金額は、保険会社に解約申請した日から算出されます。

還付金額は廃車にした日から計算されると思って後回しにしておくと、返ってくる金額が少なくなるので注意しましょう。

忘れる前に早めに手続をした方が、戻ってくるお金も多くなるのでお得ですよ。

また、自賠責保険は任意の自動車保険と違って、どこの保険会社に加入していても支払保険料が同額といった特徴があります。

つまり、保険会社が解約手続きを完了した日における未経過分の還付金額も同額になります。

詳しくは、加入している保険会社へ問い合わせると返金額を教えてもらえます。

下記の表に返金額の目安をまとめてみましたので、参考程度にお役立てください。

自賠責保険の解約返戻金目安表(25・24ヶ月契約の場合)
残期間 24ヶ月 23ヶ月 22ヶ月 21ヶ月 20ヶ月 19ヶ月 18ヶ月 17ヶ月
軽自動車 21,750円 20,840円 19,920円 19.010円 18.090円 17,180円 16,260円 15,350円
残期間 16ヶ月 15ヶ月 14ヶ月 13ヶ月 12ヶ月 11ヶ月 10ヶ月 9ヶ月
軽自動車 14,430円 13,520円 12,600円 11,690円 10,770円 9,870円 8,980円 8,080円
残期間 8ヶ月 7ヶ月 6ヶ月 5ヶ月 4ヶ月 3ヶ月 2ヶ月 1ヶ月
軽自動車 7,180円 6,280円 5,390円 4,490円 3,590円 2,690円 1,800円 900円

還付される有効期限について

自賠責保険の残り期間が1ヶ月以上ないと還付されません。

自賠責保険の残り月数の計算式は【有効期間の最終日 - 解約手続きの日】です。

任意保険はいつ切れば良いの?

軽自動車 廃車 保険

軽自動車を廃車にしたら、任意保険の解約のタイミングは、基本的にいつ行ってもOKです。

とはいえ、廃車手続きの方法によって、任意保険の解約タイミングが異なります。

状況に合わせた手続方法を選択すると、無駄なくスムーズに解約できるでしょう。

特に気をつけたいのは、自ら解約の連絡をしないと、ずっと任意保険を契約している状態になります。

軽自動車を廃車したら、忘れないうちに保険会社に連絡しておきましょう。

廃車手続きによって任意保険の解約タイミングが異なる

軽自動車を廃車にする手続きは2種類あります。

軽自動車を廃車にする手続き

  • 【永久抹消登録】:もう二度とその車を使用しないからスクラップにする場合
  • 【一時抹消登録】:海外出張や入院などの理由で、暫くの間車を使用しない場合

永久抹消登録と一時抹消登録の違いについて、もっと詳しく見る

永久抹消登録の手続きを行う場合は、軽自動車をスクラップ工場(解体工場)まで持ち込む必要があります。

もし、公道を走って解体工場に軽自動車を持ち込む場合、任意保険を解約しない方が安心です。

解体業者に頼むと、レッカーや積載車で軽自動車を引き取りに来てくれるから、任意保険を解約してもOKです。

また、解体業者によって引取方法が異なるため、任意保険を解約しても問題ないか、予め確認しておきましょう。

一時抹消登録の場合は、暫くの間車を使用しないため、任意保険を解約しても良いでしょう。

忘れっぽい人は先付解約がおすすめ

軽自動車の任意保険には【先付解約】という制度があります。

先付解約とは、廃車手続きが完了する日を前もって保険会社に連絡しておくことで、廃車日に合わせて任意保険を解約できる仕組みです。

正直、廃車手続き完了後に改めて任意保険の解約をするのは面倒くさいし、時間が経って忘れてしまう可能性も考えられます。

だから、廃車手続きを進めるのと同時に、任意保険の先付解約の手続きを進めておくのがベストです。

新しい車に乗る場合は「車両入替申請」と「中断申請」が必要

条件 申請する内容
新しい車に乗り換える 【車両入替申請】:別の車に保険を引き継ぐ
しばらく車に乗らない 【中断証明申請】:再契約する際に前の等級を引き継げる

任意保険を解約すると、今まで蓄積してきた無事故割引(ノンフリート等級)がリセットされてしまいます。

もし、軽自動車を廃車してスグに新しい車に乗り換える予定があるなら、任意保険の【車両入替申請】の手続きを行いましょう。

車両入替申請とは、保険の対象となる車(被保険自動車)を別の車に変更する手続きです。

保険の内容や割引されている等級も、そのまま適用されます。

しばらく新しい車に乗る予定がない人でも、任意保険の【中断証明申請】の手続きを行うのが良いでしょう。

中断証明申請を行うと、任意保険を再契約する際に前の等級を引き継げます。

この記事に対する感想を教えてください
  • この記事を書いた人

K-廃車ナビ

K-廃車ナビでは、軽自動車を廃車する手順や廃車費用、手続き料金、高価買取してもらう方法まで、軽自動車を廃車するまでの流れを一通り知ることができます。

更新日:

Copyright© K-廃車ナビ , 2018 All Rights Reserved.