ナンバープレートを紛失した軽自動車の廃車手続きについて

ナンバープレート 紛失

軽自動車の廃車手続きにはナンバープレートが必要です。

ナンバープレートは紛失しているけど、車検証は持っている場合は、ナンバープレートが用意できない理由を証明できる証明書を添えて、廃車手続きを進められます。

ナンバープレート紛失時の手順

  1. 警察署にナンバープレートの紛失届を提出する
  2. 届け出の内容を『車両番号標未処分理由書 』に記載する
  3. 廃車の手続きを進める

ナンバープレートがない場合は証明書を交付してもらおう

ナンバープレート 紛失

震災や災害、盗難などの理由でナンバープレートを紛失した場合は、警察署に紛失の届け出をします。

警察へ紛失届けを提出する際は、「免許証」と「車検証」(コピーも可)を必ず持っていきましょう。

車検証は、警察署によって「理由書」の発行に必用となる場合があります。
参考文献ナンバーの盗難・紛失 | 登録管理ネットワーク

そして、届け出の内容(届出日・届けを出した警察・受理番号)をメモに残しておき、『車両番号標未処分理由書 』に記載します。

準備ができたら、廃車手続きを進めて下さい。
廃車手続きについて詳しく見る

車検証も紛失している場合は再発行手続きが必要です

ナンバープレート 紛失

車が盗難や災害に見舞われた場合は、本来廃車手続きに必要な車検証も紛失している可能性が非常に高いです。

車検証を紛失してしまった場合は、警察署で取得した証明書を持って、管轄の軽自動車検査協会に車検証を再発行してもらう手続きを取りましょう。
参考文献自動車検査証(車検証)の再交付(軽自動車検査協会)

再発行の代金は、手数料含めて約2,000円程度が必要です。

ちなみに、盗難によって車検証やナンバープレートを紛失した場合は、再発行時の手数料などがかからないケースもあります。

軽自動車を廃車にするのであれば、車検証やナンバープレートの再発行は必要ありません。

もし仮に車検証やナンバープレートを再発行する場合は、以下の書類が必要になります。

  • 申請書(軽自動車検査協会で貰えます)
  • 自動車検査証
  • 理由書
  • 自動車税申告書
  • 印鑑

※本人以外が申請する場合は、委任状も合わせて用意する必要がる

ナンバープレートの再交付されたら、軽自動車に取り付けましょう。

ちなみに、軽自動車はナンバープレートを封印する作業が必要ありません。

ドライバーとトルクレンチ手元にあれば、自分ナンバープレートを取り付けられます。

自分でナンバープレートを取り付けられない場合は、ディーラーの出張サービスを利用するか、レッカーなどを利用してディーラーの元に運ぶか、仮ナンバーを取得してディーラーの元に持ち込む事になります。

いずれにせよ、ナンバープレートが無い状態では公道を走行できないので注意が必要です。

この記事に対する感想を教えてください
  • この記事を書いた人

K-廃車ナビ

K-廃車ナビでは、軽自動車を廃車する手順や廃車費用、手続き料金、高価買取してもらう方法まで、軽自動車を廃車するまでの流れを一通り知ることができます。

更新日:

Copyright© K-廃車ナビ , 2018 All Rights Reserved.