ローンが残っている軽自動車を廃車する方法

軽自動車 ローン 廃車

ローン(残債)が残っている軽自動車を廃車するには、『車の所有者が誰なのかが重要』です。

車の所有者は、車検証の所有者の「氏名」または「名称」の欄に記載されています。

ローンで軽自動車を購入した場合、車の所有者が自分の名前ではなく、ディーラーやローン会社の名前になっているかもしれませんよ。

もし、軽自動車の所有者が自分以外の場合は、勝手に廃車できません。

まずは車検証を確認してみましょう!

また、これからローンで軽自動車の購入をお考えの方は、廃車にする際の条件も訊ねておきましょう。

ローンがある車を廃車する流れ

  1. 車検証の所有者の氏名または名称の欄を確認する
  2. 【車検証の所有者が自分の名前】⇒廃車の手続きを行う
  3. 【車検証の所有者が自分以外の名前】⇒勝手に廃車できない(相応の措置が必要)

軽自動車の所有者が自分以外(ディーラーやローン会社)の場合

軽自動車 ローン 廃車

軽自動車の所有者が自分以外の場合は、所有権が他にあるため勝手に廃車にできません

まずは所有者名義を変更する【所有権解除の手続き】を行う必要があります。

ただし、ローンの支払いが残っている場合は所有権解除が難しいです。

所有権解除の手続きに進むには、ローンの残額を一括返済するか、返済できない場合はローン会社やディーラーに相談するしかありません。

ローンの残額を一括返済する

ローンの支払が残っているなら、ローン残高を一括返済するしかありません。

ローンの残高が0になれば、所有権解除の手続きができます。

また、廃車買取業者に自動車を売却する事で、自動車ローンの残債処理をうまくやってくれる事もあります。
軽自動車の廃車買取業者について詳しく見る

ローンの残額を返済できない場合は相談しよう

ローンの一括返済が難しい場合(軽自動車を買ったばかりで多額の残債があるなど)は、ローン会社やディーラーに事情を説明して相談するしかありません。

災害や事故に巻き込まれてしまい、もう廃車にするしか無い状況であれば、所有権解除をしてくれるかもしれません。

もしくは、車両は解体して残債を支払うことを条件に承諾してくれる場合もあります。

初めから『ローンが残っている軽自動車は廃車は無理!』と諦めるのではなく、しっかり事情を説明して相談してみましょう。

とはいえ、ローン残額を完済しないと所有権解除を認めてくれないディーラーやローン会社もあります。

その場合は、ローンの返済方法を考えて行動した方が良いでしょう。

軽自動車の所有権が自分にある場合

軽自動車 ローン 廃車

軽自動車の所有権が自分の名前になっている場合は、自分の意思で廃車にしても問題ありません。

また、同じローンでも『銀行系ローン』の場合、通常は所有権留保がありません。

銀行系ローンで軽自動車を購入された方は、所有者の名前が自分になっていることがほとんどですのでご安心下さい。

所有権留保とは?

売買契約で売主が代金完済など一定時期まで売買目的物の所有権を留保する旨約すること。たとえば自動車などの割賦販売の場合に多く行われる。代金の支払いを確保するために行われるもので,所有権が留保されている間は,買主は目的物を使用収益することはできても処分することはできない。
引用元所有権留保(コトバンク)

当然ですが、ローンの支払は残るため、買取業者に廃車を依頼して買い取ってもらうのがオススメです。
廃車を高価買取してくれる業者についてもっと詳しく見る

この記事に対する感想を教えてください
  • この記事を書いた人

K-廃車ナビ

K-廃車ナビでは、軽自動車を廃車する手順や廃車費用、手続き料金、高価買取してもらう方法まで、軽自動車を廃車するまでの流れを一通り知ることができます。

更新日:

Copyright© K-廃車ナビ , 2018 All Rights Reserved.