住所が違う県外ナンバー(他県ナンバー)の軽自動車を廃車する手続き

ナンバープレートに記載されている地域と違う場所に住んでいるときの廃車は【移転抹消(転入抹消)】という手続きを行います。

移転抹消とは、名義変更の手続き(移転登録)と抹消登録(廃車)を同時に行う手続きです。

通常の廃車手続きと同様に行えますが、現在住んでいる場所を証明するために住民票を提出する必要があります。
通常の廃車手続きについてもっと詳しく見る

ナンバープレートの都道府県で手続きする必要はありません

軽自動車 廃車 手続き 県外

移住地とナンバープレートの地域が違っていても、廃車の手続きはどこでも可能です。

例えば、北海道で登録しているマイカーを、引越し先の神奈川県平塚市で廃車する場合。

北海道に戻ることなく神奈川県で車を廃車できます。

ちなみに、ナンバープレートに記載されている地域は、住居地との一致が求められています。

なぜなら、ナンバープレートは車の所有者や用途などを表す大切な物だからです。

引っ越しして住所変更したら、15日以内にナンバープレートの住所変更申請を行わなければなりません。

もし違反した場合は、50万円の罰金(道路運送車両法109条2項より)という罰則が設けられています。

自動車の所有者は、登録されている型式、車台番号、原動機の型式、所有者の氏名若しくは名称若しくは住所又は使用の本拠の位置に変更があつたときは、その事由があつた日から十五日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請をしなければならない。
参考文献道路運送車両法12条1項 変更登録

住所変更が2回以上ある場合は戸籍謄本の提出が必要

軽自動車 廃車 手続き 県外

車検証に記載されている住所から2回引っ越し後に廃車する場合、住民票ではなく戸籍謄本の提出が必要になります。

なぜなら、住民票は『何処から何処へ転居した』という事実しか証明できないからです。

だから現在までの転居歴がわかる戸籍謄本が必要になるのです。

戸籍謄本は、あなたの本籍地である役所で受け取らなくてはなりません。
※郵送で受け取ることも可能な地域もあります

正直、ナンバープレートの住所変更申請は手間がかかるため、転勤が多い人は、ついつい申請せずに乗り続けてしまう人も多いです。

でも、2回以上の引っ越し後に廃車する場合は、住民票を準備するよりも手間がかかる戸籍謄本が必要になります。

住所を引っ越したらナンバープレートの変更登録申請も済ませておく方が、後々の手間を省くことができますよ。

旅行先で廃車になった場合の手続きについて

軽自動車 廃車 手続き 県外

短期出張中や旅行先での廃車手続きでも住民票が必要です。

住民票は全国のコンビニで発行できるシステムを導入している市町村もあります。
住民票のコンビニ交付サービスとは

どうしても旅行先で廃車しなければならない事情が発生したら、全国のコンビニエンスストア等のキオスク端末(マルチコピー機)から住民票を発行しましょう。

とはいえ、基本的には住んでいる場所に戻ってから、廃車手続きを進める事になるでしょう。

また、廃車と行っても、住んでいる場所まで車を運ぶ必要はありません。

現地の廃車買取業者にレッカーと解体を依頼して、廃車手続きに必要なナンバープレートだけ持ち帰るだけでOKです。

そもそも廃車は車体をスクラップすることではなく、陸運支局や軽自動車検査協会で手続きを行う事です。

永久抹消登録は車体をスクラップにしたという証明が必要ですが、車体が必要なわけではありません。
永久抹消登録について詳しくみる

だから、旅行先から廃車にする車をわざわざ遠距離レッカーする必要はありません。

また、廃車買取業者にレッカーと解体を依頼すれば、無料で車を引き取ってくれるし、廃車にする車を高く買い取ってくれます。
高価買取り実施中の廃車買取業者を詳しくみる

この記事に対する感想を教えてください
  • この記事を書いた人

K-廃車ナビ

K-廃車ナビでは、軽自動車を廃車する手順や廃車費用、手続き料金、高価買取してもらう方法まで、軽自動車を廃車するまでの流れを一通り知ることができます。

更新日:

Copyright© K-廃車ナビ , 2018 All Rights Reserved.