スマホ初心者向けおすすめ機種

スマホ比較

スマホ初心者におすすめの機種【2020年版】親に使わせたいのはコレ

今までスマホを使う必要がなかったけど、必要に迫られてスマホ購入を考えている人が増えています。

  • 親もそろそろ50~60代だし、そろそろスマホを持たせてちゃんと連絡が取れるようにしたい。
  • そろそろガラケーのサービスも終わるからスマホにしないといけない(でもどれがいいかわからない)
  • スマホは難しそう…機械音痴だし、誰でもカンタンに使えるスマホがいい
ただ、スマホに縁がなさすぎて違いがわからないし、ショップに行って聞いてみたけど、何だか言われるがままに高価な機種を買わされそうでとりあえず保留にして帰ってきて、結局そのままなの・・・
よめさま

という方も多いのではないかなと思います(笑)

 

スマホ自体、今後の世の中の流れを考えると必需品であることは間違いないです。

ただ、だからといって無闇やたらに高価な機種を買えばいいというわけでもないし、かといって「カンタンスマホ」みたいな超初心者向けスマホが初心者にとって使いやすいかと言うとそうでもありません。

 

これからどんなスマホがおすすめなのかを説明していきますが、最初にザックリ答えを言ってしまうと・・・

スマホ初心者で特にこだわりがないのであれば、王道の「iPhone」がおすすめです。

 

↓こういうスマホね!↓

iPhone SE 第2世代僕も実はiPhone使っています!

 

iPhoneが初心者さんにおすすめな理由はこれから話していきますが、とにかくiPhoneであれば「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のどこでも取り扱いがあるので、今使ってるスマホ会社で買えない、ということがまずないです。

それにiPhoneならモデルチェンジも遅く、3~4年位使いつづけられるので長く使えます。

 

\各社ショップはこちら/

スマホは大きく2種類「Android」と「iPhone」

画面がついていて、指で操作する「スマートフォン(スマホ)」はたくさん種類があるように見えますが、大きく2種類に分けられます。

  • iPhone(アイフォン)
    →Appleが提供するスマホで「iPhone◯」という名前
  • Android(アンドロイド)
    →Googleのシステムを使ったスマホ、iPhone以外のスマホ全部

AndroidとiPhoneの違いは「OS」というスマホを動かすシステムの種類です。

OSというのは、パソコンでいうMac(マック)とWindows(ウィンドウズ)みたいな違いですね。
まんまる♂

 

世の中にはAQUOS、Galaxy、Xperia、iPhoneなど色んな種類のスマホがあるのですが、基本的に「iPhone」とつくものが全て「iPhone」で、それ以外の名前のスマホは全て「Android」です。

 

「iPhone」は日本人の3人に1人が使っている王道スマホ

iPhoneは日本人の約2~3人に1人が使っている超メジャーなスマホです。

androidとiphoneのシェア(出典: NTTドコモ モバイル社会研究所ホームページ

iPhoneは老若男女問わず、いろんな年代の人が使っていて、使いやすさや安全性が高いことは利用者のシェアが多いことからもわかります。

iPhoneは「Apple社」だけが作っているスマホなのですが、Androidスマホはシャープ・ソニーなど様々な会社が作っているため、メーカーごとに利用率を見るとやっぱり圧倒的にiPhoneが強いことがわかります。

Apple社のつくるiPhoneは特に、機械が苦手な女性や子供・シニアの方にもよく利用されているため、カンタンで使いやすいスマホと言えます。

iPhoneがAndroidより優れている点

ぼくもiPhoneユーザーなのですが、使っていて感じるiPhoneがAndroidより優れている点は以下の7点です。

  • スマホの操作が直感的でシンプル
  • なくしてもパソコンから無料で位置がわかる
  • モデルの入れ替えが遅く、長く使える(4年は余裕)
  • データのバックアップ・移動が最もカンタン
  • スマホウイルスへのセキュリティが高い
  • カメラ・動画の画質が良い
  • ドコモ・au・ソフトバンクのどこでも買える

iPhoeの良さをザックリまとめてしまうと、

カンタン・安全・どこでも買える

ですね。

AndroidスマホもiPhoneより優秀な機種はあるのですが、契約できる会社(キャリア)が限られていたり、メーカーや機種によってデータのバックアップがしにくかったりと細かい違いがあります。

それ以上に、Androidスマホはメーカーや種類がiPhoneより多いので、使い勝手や操作については実際にそのスマホを使っている人じゃないとわからないことも多い、という欠点があります。

 

iPhoneの欠点は「Android」スマホに戻りにくくなること

スマホ初心者さんからみたiPhoneの欠点としては、「Android」スマホに変えにくくなることです。

いまそもそもスマホを使っていないので、何だそんなことかと思うかもしれないのですが・・・

iPhoneとAndroidではOSというシステム自体が違うので、今後Androidにすると行った場合に、これまでiPhoneで貯めてきたアプリのデータなどが引き継ぎできないことがあります。

写真・動画・連絡先などはほとんど引き継ぎできるはずですが、100%の保証が難しいです
まんまる♂

なのでもし家族が全員Androidスマホを使っていてiPhoneについて分かる人が全くいない、という状況なら家族がよく使っているAndroidを使ってもらうほうが家族のサポートはしやすくなります。

iPhoneだから全てOKというわけではないので、周りのサポートが受けやすそうな機種にするのが最終的に正解です
まんまる♂

 

Androidスマホでも初心者向けで人気の機種はいくつかあるので後で紹介しますね。

 

初心者向けスマホに必要な条件3つ

ぼくが考える「初心者向け」スマホに必要な条件は以下の3つです。

  • 操作がカンタン(もしくは人に教えてもらいやすい)
  • 壊れにくい・長持ちする・修理しやすい
  • なくしたときにすぐ見つけられる

 

操作がカンタン→使っている人が多い

スマホ初心者さんで最も大切な機能は「操作がカンタン」なことです。

操作のシンプルさは個人的に「iPhone」が一番だと思います。

Androidスマホでも「AQUOS sense3」などはスマホ初心者さんにも人気な小型Androidスマホなので使いやすい機種です。

 

壊れにくい・長持ちする・修理しやすい

スマホが壊れにくい、スマホのモデルの入れ替えが遅い(ロングセラーである)というポイントもスマホ初心者さんには重要です。

というのも、スマホのモデルチェンジはiPhoneで年1回・Androidスマホで年2回なんですが、せっかく買ったスマホが翌年に終売になってしまうと修理もしにくくなってしまいますよね。

iPhoneシリーズの場合、たいてい一度新しいモデルが出ると、約4年は発売し続けます。iPhone SEやiPhone11シリーズなど最近出た機種を買っておけばまず間違いないです。

またAndroidスマホはiPhoneよりモデル入れ替えが早いので、1年前に発売されたけど未だ売れ行き好調な機種を買っておくほうが無難です

多くの人が持っているスマホ・ロングセラーの機種を買っておくのがスマホ初心者さんには重要かなと
まんまる♂

 

なくしたときにすぐ見つけられる

スマホ初心者さんはスマホを持つこと自体に慣れていないので、スマホをなくすことがよくあります。

そのときに「どこにスマホを置いたのか」がすぐわかるほうが便利です。

そういう意味で、iPhoneには「iPhone探す」という無料の機能がついているのでめちゃくちゃ便利です。

パソコンからiPhoneの位置を地図で見ることができるよ!
むすこ

 

またiPhone同士で「友達探す」設定をしておけば、どこにいるのかスマホで追跡できますし、iPhoneを使う人の了承を得ていれば家族がパソコンからなくした親のスマホの場所を地図で確認することもできます。

iPhoneがあれば今どこにいるのか知りたいときにも重宝します
まんまる♂

 

Androidスマホにもスマホの位置情報検索機能がついているものがありますが、主にドコモ・au・ソフトバンクなどスマホキャリア側の有料サービスだったりするので、加入していないと使えなかったりします。

あと位置情報取得に相手(スマホを持っている人)の承諾が毎度必要なこともあるので、置き忘れたときのリサーチにはあまり向いていないカモです。

 

スマホ初心者におすすめの機種-TOP3

ぼくがおすすめする「スマホ初心者さんにおすすめの機種」を、iPhone・Android含めてTOP5まで選びました。

選んだ基準は以下の通り。

選んだ基準

  • 使い勝手や初心者に優しい機能の充実
  • 長く使える機種であること
  • 価格が高すぎず購入しやすいこと

 

スマホ初心者向け「iPhone」3選

多くのスマホ初心者が使っている「iPhoneシリーズ」の中でも、スマホ初心者さんが使いやすいモデル&データ容量TOP3を選びました。

iPhone SE(第二世代)/64GBモデル

新iPhone SE

発売年 2020年4月
価格(機種代) 55000~57000円
→月々1200~1500円
スマホ料金の目安 3000円~5000円以上
取り扱い会社

docomo

au

softbank

特徴 小型・安い・最新

 

2020年4月に発売された最新のiPhoneです。

最新といっても、形は2017年に発売された「iPhone 8」の形で、中身は2019年の最新iPhone「iPhone 11」という特別版モデルです。

  • 買いやすい価格
  • 最新のバージョン(OS)に対応
  • 小型で使いやすいサイズ

など安くて小型で新しい中身のスペシャル版iPhoneなので、初心者さんにも使いやすいモデルになっています。

iPhone SEには64GB・128GB・256GBの3種類のデータ容量があり、途中でデータ保存容量を増やすことはできないので買う時点で決める必要あります。

今回おすすめした64GBモデルは、

  • お孫さんやちょっとでかけたときに写真を取る程度
  • 動画はあまり撮らないと思う
  • あまり頻繁にスマホは使わなそう

という方には十分なデータ保存容量で最も安く使えるので良いかなと思います。

発売は、ドコモ・au・ソフトバンクのどこでも取り扱いがありますので、契約している会社(キャリア)があればそちらから注文できます。

\各社ショップはこちら/

 

iPhone SE(第二世代)/128GBモデル

新iPhone SE

発売年 2020年4月
価格(機種代) 62000~65000円
→月々1300~1700円
スマホ料金の目安 3500円~5500円以上
取り扱い会社

docomo

au

softbank

特徴 小型・最新・写真動画保存も余裕

 

ランキング1位の「iPhone SE(第二世代)」のデータ量が増えたバージョンです。

使い勝手や操作感、カメラの機能は1位の「iPhone SE(第二世代)64GBモデル」と同じですが、保存できるデータ容量が増えたモデルです。

  • お出かけして写真をたくさん撮りたい
  • 動画や動く写真(Live写真)を楽しみたい
  • 比較的スマホを使うことが増えそう

という方には128GBくらいのデータ量があると安心できます。

こちらのiPhone SE(第二世代)128GBモデルも、ドコモ・au・ソフトバンクでそれぞれ取り扱いがあります。

今使っている会社・または契約を考えているところのショップから購入してみてください。

\各社ショップはこちら/

 

iPhone 11 /64GBモデル

iPhone11

発売年 2019年9月
価格(機種代) 87000~90000円
→月々1800~2500円
スマホ料金の目安 4000円~6000円以上
取り扱い会社

docomo

au

softbank

特徴 夜景撮影・カメラ最新・カラー色々

 

こちらは2019年に発売された高性能iPhoneの一般向けモデルです。

広角撮影や夜景撮影など、iPhone SEがちょっと苦手なシーンの撮影も得意なiPhoneです。

  • 寝室で子供の寝顔を撮影したい
  • 旅行に行って広い風景を撮影したい
  • 自分に合ったカラフルなスマホがほしい

という方にはiPhone 11はおすすめ。

iPhone SEに比べると機種代が高いので、月々のスマホ代も高くなりますが、その分満足できる機能が詰まっています。

 

上記3モデル以外にも発売されているiPhoneはありますが、スマホの機種代のコスパ(安さ)と機能のバランスを考えるとこの3つ以外はスマホ初心者さん向けではないので割愛しました。

どんな種類があるのかは、ドコモオンライショップなど各スマホ会社のネットショップでも確認できるので見てみてくださいね。

\各社ショップはこちら/

 

スマホ初心者向け「Android」3選

家族がiPhoneを使っていなくて、Androidスマホのほうが周りのサポートを受けられそう。

という方向けに、スマホ初心者さん向けのAndroidスマホを5つ選びました。

選定基準は以下の通り。

選んだ基準

  • Androidスマホの中では長く発売され人気がある
  • 使い勝手や初心者に優しい機能の充実
  • 価格が高すぎず購入しやすいこと

 

AQUOS sense3/シャープ製

AQUOS sense3

発売年 2019年11月
メーカー シャープ(SHARP)
価格(機種代) 27000~33000円
→月々900~1100円
スマホ料金の目安 2000円~3000円以上
取り扱い会社

docomo

au

楽天モバイル

特徴 安い・日本メーカー・電池長持ち

AQUOS sense3シリーズはAndroidスマホの中でも、スマホ初心者に特に人気のAndroidスマホです。

iPhoneに比べると動作やカメラ性能は劣りますが、軽くて小型で使い勝手がよく、電池持ちが長いのもスマホ初心者には嬉しいポイントです。

  • 携帯の充電は3日に1回くらいだった
  • 主に電話にしか使わなそう
  • できるだけスマホ代を安く抑えたい

こういう方にはAQUOS sense3はピッタリのスマホです。

AQUOS sense3シリーズには、「AQUOS sense3(ドコモ・au版)」、「AQUOS sense3 basic(au版)」、「AQUOS sense3 lite(楽天モバイル版)」といくつか種類があり紛らわしいのですが、どれもほとんど性能は一緒です。

ただしAQUOS sense3 plus(機種代5万円くらい)のスマホは高性能タイプなので別機種と考えたほうが良さそうです。

ソフトバンク以外のスマホ会社で、楽天モバイル(UN-LIMITやってる方)で取り扱いがあります。

\各社ショップはこちら/

 

Galaxy A41/SAMSUNG(サムスン)

Galaxy A41

発売年 2020年6月
メーカー SAMSUNG(サムスン)
価格(機種代) 37000~40000円
→月々1100~1400円
スマホ料金の目安 3300円~3600円以上
取り扱い会社

docomo

au

特徴 操作しやすい・安い・画面大きめ

こちらはSAMSUNG(サムスン電子)という韓国メーカーの人気機種Galaxyのスマホ初心者向け最新モデルです。

SAMSUNGはスマホメーカーとしては日本でも有名なメーカーで、安価で高性能なスマホが多くリリースしています。

その中で、今回のGalaxy A41は価格を抑えつつもカメラ性能などは中級向けに近くなっており、よりiPhoneの性能に近づいています。

  • なるべく安いスマホがいい
  • カメラ性能などはそこそこほしい
  • 画面が大きめで見やすいほうがいい

スマホのサイズとしては小型ではなく中型サイズですが、その分文字などは見やすく操作もしやすいスマホです。

Softbank・楽天モバイルには取り扱いがなく、ドコモ・auのみで購入できます。

\各社ショップはこちら/

 

Xperia 10II(テンマークツー) /SONY(ソニー)

Xperia 10II
発売年 2020年6月
メーカー SONIY(ソニー)
価格(機種代) 42000~50000円
→月々1200~1800円
スマホ料金の目安 3700円~4500円以上
取り扱い会社

docomo

au

特徴 日本メーカー製・細身で持ちやすい・安い

Xperia 10II(エクスペリア テンマークツー)はソニーモバイルが発売する日本産のAndroidスマホです。

Xperiaシリーズは横幅が狭くて縦長形状(21:9画面)になっているので、ガラケーからスマホに機種変更する際にも馴染みやすいかなと思います。

  • スマホの横幅がスリムな方が良い
  • なるべく最近発売された機種が良い
  • 安くて高性能すぎないスマホが良い

エクスペリアシリーズの中でも特にXperia 10シリーズはスマホ入門・初心者さん向けに作られた機種なので、価格も抑えられて使いやすい機種です。

Xperiaシリーズ自体は、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルのどこでも取り扱いがあるのですが、2020年6月に発売された最新のXperia 10IIは「ドコモ」・「au」のみでの販売です。

日本産のスマホのほうが安心!という方は、スマホ候補に入れてみてくださいね。

※必読 最近の機種変更は「ネット注文→自宅」が可能※人混み不要です

最近、スマホの機種変更程度ならネット注文して自宅で完結できるって知ってますか?

CMなどやっているので、あっと思ったかもしれないですが・・・

まだやったことなければ、絶対オンラインショップ使ったほうがいいです(笑)

\各社ショップはこちら/

スマホのオンラインショップでは、機種変更できるだけではなく新規契約・契約プランの変更・学割の適用などもだいたいのことは全てネットで完結できます!

例えば激混みで有名なドコモショップに事前予約して並ぶなんて面倒なことは一切不要。

例えばドコモオンラインショップで注文したスマホは自宅に届けてもらえるので、究極一切家から出ずに家で自分のタイミングで機種変更完了できるわけ。

超便利です。

もちろん、スマホに関わるいろんな手続きをしたい場合は、対面ショップ店頭で手続きするほうが楽なことも多々あります(笑)

ただ、単に「機種変更したいだけ」なら、今の御時世、わざわざ人混みに出向いて長時間待つのはあまり得策ではないのかなと。

・・・というのも

オンラインショップ3つのメリット

  • 人混みの中、ショップで長時間待つ必要がない
  • 機種によってオンライショップのほうが安くなることがある
  • 希望すれば店頭受取・スタッフの有料対面サポートも受けられる

スマホのオンラインショップを使うと無駄に人に合わずに済むし、店頭でスマホを買うよりお金や時間的を節約でき、非常に美味しい。

あまりで歩きたくないときや平日忙しくて時間がない、けど機種変したいという人にはありがたいわね
よめさま

しかも何かあっても、有料にはなるけど対面サポートも可能なので、初めてでも安心して使ってみることができます。

\各社ショップはこちら/

 

ちなみに機種によってですが、店頭で購入するほうが高くなることがあります

例えばiPhone 11proなんかは・・・

スマホを店頭で買うと料金が違う

店舗やキャンペーンのタイミング、購入する機種によって変わりますが、オンライショップと対面の店舗で1~2万の金額差が出ることがあります。

 

スマホの頭金

なぜ対面のショップで買ったほうが高くなりやすいかというと、購入するときに頭金を取られるケースが多いから。

この頭金がオンライショップでは基本「0円」なので、その分安く購入できるケースが多いんですね。

今現在、docomo・au・softbankいずれのオンラインショップも「頭金」はありません。

対面のショップ店頭ではスマホ機種代・月額利用料以外に、頭金」+「事務手数料の2つが加算されて請求されますから、高額のスマホ機種などは結構大きな金額差になることもあります。

 

・・・つまり!

 

※au・softbankも基本一緒ですが、事務手数料はかかります。(頭金のみ無料)
※docomo・softbankは店頭受取・自宅受取の両方選択できますが、auは自宅受け取りのみになります。

単純に新しい機種を購入して、今のスマホからデータを移行させるだけなら、最近はネットで事足りる世の中になっているということ(笑)

 

あ、でもデメリットもあるんでしょ?
よめさま

もちろん、オンラインショップにはデメリットもあります。

オンラインショップで購入すると、ショップ店員さんが操作する手続きを自分でやることになりますし、人気の機種は在庫切れになりやすいです。

ここに注意

  • 手続きを丸投げできない(難しい相談は苦手)
  • 終売に近い機種の在庫はすぐなくなる
  • 3回線以上の契約、法人契約はオンラインではできない

加えてオンラインショップは機種変更したいスマホのデモ機を借りたりすることはできないので、電気屋やスマホショップで事前にスマホを見てみたほうがよいとは思います。

 

契約変更の手続きとかスマホ回線の開通とかの手続きが不安だけど、そのへんはどうなの?
よめさま

スマホの契約に関する操作マニュアルも、完備されています。

しかも長くて読みづらいマニュアルじゃなく、選んでいくだけでやることがわかるマニュアルになっています。

 

ドコモオンラインマニュアル

店頭受取やスタッフサポートは受けられますのでわからないところはチャットサポートで人間のスタッフさんに相談できますので、一度やってみれば想像しているよりカンタンだったと思うはずです。

チャットサポートは無料です
まんまる♂

 

でもさ、自宅で機種変しようと思って結局よくわからなくなったらどうなるの?

機種変手続きできなくて、スマホが無駄になったりしない?

よめさま

この件、気になったのでドコモに直接聞いてみたんだけど、最悪店頭に持っていけば設定してくれるみたいです。

オンラインショップには初めての人でも操作できるようにマニュアルが完備されていますが、万が一よくわからなくなってしまった場合はショップ店頭に持ち込んで設定をしてもらえます。

もちろん、完全無料ではないのですが、初期設定サポート料(ドコモは3000円+税)がかかるだけです。(頭金は追加されません)

 

そこまでサポートしてもらえるなら、一回試す価値はあるかも。
よめさま

お金も時間も節約できますし、無駄な移動もしなくて済むので、絶対対面でやってほしいという人以外はオンラインショップの方が得することが多いハズ。

\各社ショップはこちら/

季節によりますが、オンライショップ限定の割引なんかもやっているので、ぜひネット購入を活用して、浮いたお金はスマホケースやほしかったものに回してみてくださいね!

\この記事、お役に立てましたか?/

-スマホ比較
-, , ,

© 2020 うぇぶぐらし