Xperia 8がau値下げで4万台で買えるスマホに追加!販売店・在庫

2019年10月25日に発売されたXperia 8が、発売後2ヶ月にもかかわらずauオンラインショップで1万円近く(9360円)も値引きされました。

Xperia 8がauで値下げ(9360円安くなった)
機種名 値下げ前(税込) 値下げ後(税込)
Xperia 8 59,040円 49,680円
9360円値下げ(15.8%オフ)

auのオンラインショップには、「予告なく価格が変更となる場合があります」「値下げキャンペーンは在庫がなくなり次第終了」と書いてあるんでXperia 8がほしい方は早めに手に入れておいたほうが良いかもしれないです。

Xperia 8のau在庫状況

ちなみに今現在は春の割引キャンペーンで、さらに値下げされているようで、機種変更含めて割引があるようです。

Xperia8のau値下げキャンペーン2020年3月

Xperia 8はauオンラインショップにまだ在庫があれば購入できます。

春の駆け込み購入で在庫がなくなるかもしれないので、ほしいと思っていたら先に注文して確保しておいてくださいね。

 

目次

\ショップはこちら/

Xperia 8 SOV42(au版)の概要と値引き理由

Xperia 8のau在庫状況

機種名 Xperia 8 (エクスペリア エイト)※au版
メーカー Sony Mobile Communications
発売日 2019年10月25日
価格(税込) 定価:5万9040円
→2019年12月値下げ 4万9,680円!(15.8%オフ)※条件なし
→2019年1月30日値引き -16500円(条件:12ヶ月以上au×機種変更)
カラー ホワイト/オレンジ/ブラック/ブルー
ターゲット層 普段遣いがメインでたまに軽めのスマホゲーム・映画を見たりする
この機種の前世代 Xperia ACEかXperia 1の廉価版

Xperia 8はXperia 5(Xperia 1の次に出たハイエンドモデルのスマホ)と同時期に発売されています。

で、Xperia 8は発売されて間もないのにどうして値下げになったかというと、おそらく機能と価格のミスマッチだとぼくは考えています。

基本的には、スペックは悪くないけどミドルレンジ(中堅スペックのスマホ)なのにハイエンドモデル並みの価格になっていたので1万円ほど安くして調整した、という理解で良いかと思います。

 

ともかく軽めのゲームしたり、たまにスマホで映画見たりするくらいの使い方であればXperia 8で十分満足できると思いますよ。(画面も21:9でワイドだし迫力あるかと!)

スマホはゲームではなく普段遣いがメインという方にはオススメの機種です。

 

Xperia 8が値引きされた理由3つ(ぼくの意見)

Xperia 8の値引きの理由ですが、基本的には“価格設定間違っちゃった”的な理由かなと思います。

というのも、Xperia 8はなんだかんだ売れているのですが、Xperia 8の立ち位置や同じくらいのスマホ機種と比較するとどうしてもやや割高感が出てしまうのですね。

まんまる♂
機種そのものが微妙なのではなく、価格と機能のバランスが悪いというだけなので購入しても良いかと。ぼくも良い機種だと思います。

auの人間でもソニーの人間でもないのであくまでボクなりの考えですが、Xperia 8が値引きになる理由を3つあげます。

理由1.Xperia 8(格安SIM版)と比べても高い

Xperia 8機種本体の価格比較

Xperia 8はauと他の格安スマホ業者2社から発売されているのですが、auスマホの価格があまりに高すぎることが値下げになった理由じゃないかと思います。

Xperia 8の取扱 スマホ価格 補足
docomo -(取扱なし)
softbank -(取扱なし)
au 59,040円
UQ mobile
※格安スマホ業者
35,640円 auのサブブランド
Y! mobile
※格安スマホ業者
36,000円 softbankのサブブランド

Xperia 8はau・UQ mobile・Y!mobileで販売されています。docomoやsoftbankではXperia 8は発売されていないので、サブブランドでの販売状況を踏まえるとauがほぼXperia 8の販売を独占しています。

ただ、スマホの機種代を見て分かる通り、au版Xperia 8だけやたら高いのです(笑)

Xperia 8スマホのターゲットは、スマホで高度なゲームなどはしないけど、そこそこの価格でそこそこのスペックのスマホがほしいというユーザー。

それを考えると、auユーザーは格安スマホ版で3万5~6千円で売られているスマホをauで2万近く高く買わされているような状態になってしまい、想定よりも売れ行きが伸びなかったのではないか?と思います。(あくまで予想だけど)

 

理由2.Xperia 8は値引きがなくXperia5とほぼ同価格だった

Xperia8は値引き(アップグレードプログラムが非適用)

auにはアップグレードプログラムといって、24回払いが終わった時点で機種変すれば残りの分割金を支払わなくて済むという本体値引きがついています。

ですがXperia 8がアップグレードプログラム非適応。

その結果どうなるかというと、

機種 本体価格 実質価格
Xperia 8
(ミドルレンジモデル)
59,040円 59,040円
月々1,380円×36回
Xperia 5
(ハイエンドモデル)
90,720円 60,480円
月々2,520円×24回

数字のマジックではあるのですが、

  • ハイスペックモデルで多機能な60,480円の「Xperia 5」
  • やや動作性能の劣る59,040円の「Xperia 8」

この2つのどっち買う?と言われたら9割の人はXperia 5を買うんじゃないかと思うんですね!(笑)

特にスマホゲームでアクション系をやるなら、Xperia 8のCPU(動作性能)じゃちょっときつい部分があるので、この価格差ならぼくもXperia 5を選ぶと思います。

Twitterなどの口コミやこれまでの流れを踏まえると、Xperia 8価格調整に失敗したっぽいので、今回auがキャンペーン時にXperia 8の価格調整を入れたのかなという印象ですね。

 

理由3.同スペックのスマホよりXperia 8の方が割高

Xperia 8は同程度の機能を備えたミドルレンジモデル(中堅価格のスマホ)と比べると、機能の割に割高に感じます。

軽めのゲームや映画などのエンタメをたのしむなど、1日の中で空き時間によくスマホをいじる人が使いそうなモデルと価格を比較してみます。

Xperia 8 59,040円
HUAWEI P30 lite 32,400円
AQUOS sense3 plus 46,080円

※大体ミドルレンジと言われる機種を比べました。

厳密な仕様の違いはあるのですが、だいたいXperia 8と迷いそうな機種を比較すると1万円ほど割高。

過去に同スペックのXperia 10がソニーから発売されていたのですが、こちらが3万だったというのでソニーファンからしても高い印象の様子。

価格の額面上では、ハイエンドモデル(一番高い機種)なのかな?と思ってしまう価格です。

ソニーも新しいファンを獲得しないと生き残れないでしょから、実際の機能と価格のギャップをなくすために、今回auでは約1万円の値下げをしてXperia 8を4万台で買えるスマホ(ミドルレンジスマホ)として購入してもらいやすくしたんだと思います。

Xperia 8がauで値下げ(9360円安くなった)
よめさま
たしかにこれくらいの金額なら、気軽に変えるスマホって印象になるわね

Xperia 8の動作性能やXperia 5との立ち位置を考えると、4万台のスマホにしたほうがユーザーが判断を混乱しなくて良いですよね。

 

Xperia 8の購入・在庫確認はauオンラインショップでできます

Xperia 8についてやや辛口評価をしてきましたが、それでもXperiaブランドの中でも使いやすいスマホだと思いますよ。

しかもXperia 8は従来のXperiaシリーズとは異なり、Xperia 1、Xperia 5にも搭載されている21:9の縦長の画面も採用されています。

Xperia1の21:9ディスプレイをXperia XZ1と比較

ぼくも21:9の画面のスマホを弄りましたが、横に持てばゲームも視野が広い感じでやりやすいし、縦に持てば上下2画面の操作は便利。

Xperiaの21:9の画面サイズになれるとiPhoneなどは逆に画面が狭く感じるかもしれないです(笑)

 

Xperia 8がきになっている方だけでなく、21:9の画面が気になっている方も、この値引きのタイミングで手に入れてみると良いかもしれないですね。

 

Xperia 8はまだ在庫ありましたが、残数がわかりません。Xperia 8を考えているなら春の駆け込み購入で在庫がなくなる前にauオンラインショップで注文して確保しておいてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる